menu

冨永昌敬(とみながまさのり) 監督

1975年、愛媛県内子町生まれ。1999年、日本大学芸術学部映画学科卒業。

卒業制作作品である『ドルメン』(1999/16mm)が、2000年ドイツ・オーバーハウゼン国際短編映画祭にて審査員奨励賞を受賞。 2002年、『VICUNAS/ビクーニャ』(2002/DV)で、水戸短編映像祭グランプリを受賞する。

2003年には『テトラポッド・レポート』(DV)、短編シリーズ『亀虫』(DV)が相次いで劇場公開。青山真治、梅本洋一、樋口泰人、宮台真司らに、「2003年の最も印象深い作家」として名を挙げられ、各界アーティストたちの間で注目の的となり、多数の熱狂的なファンを生み出し、海外映画祭でも絶賛された。

2004年、劇団遊園地再生事業団の宮沢章夫のオムニバス映画『be found dead』の一編である『オリエンテ・リング』を制作。 2005年には菊地成孔のアルバム『南米のエリザベス・テイラー』に収録されている「京マチ子の夜」のPVを制作。第8回水戸短編映像祭(2004年)における曽我部恵一によるライブ演奏の背景映像として制作された「歌伴サイレント映画」を手直しした『シャーリー・テンプル・ジャポン part1』と同作品を更にセルフリメイクした『シャーリー・テンプル・ジャポン part2』が劇場公開される。

2006年、『パビリオン山椒魚』にて待望の長編デビューを飾る。
いっけんユーモラスな空気感漂う世界の底に流れるヴァイオレンス、人間の魔的な感情をクールに描く作家。静謐さと凶暴さが混合するその世界観が心に染み込んできて、忘れがたい印象を残す作品を世の中に問いかけ続けている。

【主な映画作品】

『パビリオン山椒魚』(2006年)
『コンナオトナノオンナノコ』(2007年)
『シャーリーの転落人生』(2009年)
『パンドラの匣』(2009年)
『乱暴と待機』(2010年)
『庭にお願い』(2010年)
他にPV作品多数あり。《相対性理論》のPVなど。

GMBプロダクション ログイン |